機密情報リサイクルとは?

機密文書の処分には「機密情報の抹消」と「資源循環リサイクル」の両立が求められています。シュレッダーで細分化された紙は、焼却処分されることがほとんどですが、リサイクル社会を推進していくためには、これまで焼却されていた紙を再活用し、エコに配慮することが大切です。
私たちは、事業所ゴミを「ゴミ」として処分しません。再利用できる形にする「機密処理」を行い、トイレットペーパーなどのリサイクルに努め、環境保護へ貢献していきたいと考えています。
※九州共同株式会社は機密情報抹消事業協議会(KJMJK)正会員です。

機密文書のリサイクルによる環境保護への貢献

機密文書・コピー用紙等の排出量を年間3600kg(月300kg)とした場合

二酸化炭素1764kg削除

二酸化炭素
1764kg削除

※排出量計数0.49kg(環境省より)

ガソリン747Lを削減

ガソリン
747Lを削減

※ガソリン1L使用の二酸化炭素排出量は2.36kg(地球温暖化対策の推進に関する法律施行令より)

杉の二酸化炭素吸収量126本分

杉の二酸化炭素吸収量
126本分

※樹齢50年、二酸化炭素吸収量14kg/年の杉で換算

九州共同株式会社の機密情報の処理の特長

厳重なセキュリティ

厳重なセキュリティ

ガードロックシステム、記録簿による厳重な入退室セキュリティ

監視・録画記録

監視・録画記録

モニターカメラによる監視・録画記録で問題発生抑止

搬入物の管理

搬入物の管理

搬入物は包材を含め厳しく管理(ロスト防止)

証明書の発行

証明書の発行

リサイクル証明書の発行OK!





Back to Top