CASE2

電子データの処分をしたい

ISO 27001 情報セキュリティマネジメント認証取得事業所  ISO 27001 情報セキュリティマネジメントシステム認証取得事業所

電子記録媒体の機密処理、大丈夫ですか?100%復元不可能な消去状態を作る「機密処理」

技術の発達に伴い磁気的消去処理ができない記録媒体も出現し、完全なデータ消去による機密情報の漏洩防止が課題になってきました。私たちは記録媒体そのものを物理的に粉砕することで、100%復元不可能な消去状態を作る「機密処理」を行ないます。
粉砕物は専門業者の手でレアメタル抽出という形でリサイクル。処理機器に投入できるサイズの電子記録媒体なら何でもOKです。

サービスの特徴

九州初上陸!岩盤粉砕機をベースに生まれた電子記録媒体機器専用粉砕機を使用

電子記録媒体機器専用粉砕機

  • 機密情報リサイクルセンター内で独立した処理室
  • 21.5cm(W)×3.5cm(D)の投入口に入ればどんな電子機器でもOK!
  • 長時間かかる磁気的消去ではなく、数秒~数分以内に終了する物理的な完全粉砕
  • 鉄屑状態にして、産廃最終処理業者へ(レアメタル抽出されます)
  • 3.5inch HDDなら20秒以内で完了、復元される心配0%の安心処理
  • 二重扉、ガードロックシステム、記録簿による厳重な入退室セキュリティ
  • モニターカメラによる監視・録画記録で問題発生抑止
  • クライアントの処理作業立会いOK!
  • 電子データ消去証明書

動画で見る電子データ消去(粉砕処理)サービス

電子媒体のリサイクルの流れ

平成26年導入の新型粉砕器で、万全のセキュリティ体制により電子媒体を粉砕します。
粉砕処理により確実にデータ消去後、専門業者の手でレアメタル抽出、資源の有効活用にもつなげます。


1.搬送・お持ち込み

1.搬送・お持ち込み

専用の車両で搬出。持ち込みも受け付けています。

2.分別仕分け作業

2.分別仕分け作業

パソコンのハードディスク等を取り外し、分別仕分けをします。
【粉砕対象外】産業廃棄物として処分します。

3.粉砕作業

3.粉砕作業

粉砕機で復元不可能な状態に細かく粉砕し、情報漏えいを防ぎます。

4.資源リサイクル

4.資源リサイクル

パソコンのハードディスクなどに使用されているレアメタルなどの都市鉱山資源の有効活用に貢献します。


営業時間 月~金曜日 8:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝祭日・お盆・年末年始

お問い合わせ・お申し込み

【電子データ消去(粉砕処理)サービス(九州共同株式会社内)】

鹿児島市住吉町8-1

099-222-8201

(電話受付時間/9:00〜12:00・13:00〜16:00)

Back to Top